産後ママの状態や仕事復帰のタイミングなどについて


産後ママの職場での扱われ方

妊娠と出産は女性にしかできない人生の中で一番と言っていい程の大きな仕事です。その出産をした後の女性はどのように過ごしていくのでしょうか。今の時代は女性の社会進出が進んでいるので育児休暇を取った後に仕事復帰をするママが大勢います。その背景には保育園の待機児童問題があります。保育園にもそれぞれルールがあり、熱が一定以上ある時は保育園に預ける事ができないのでその場合はママは仕事を休んだり早退しなければならなくなります。いくら女性の社会進出が進んでいたとしても、ママとしての社会復帰には厳しい面もあります。昔に比べれば社会的にも理解のある職場は増えてきていますが、それでもまだまだです。

これからの社会のあり方

職場的にも、いつ子供が体調悪くなって呼び出しされるか分からない状態の人に色々と責任のある仕事を任せる事ができないという事もあり、その仕事が自然と他の人に回っていくので他の人の負担が大きくなってしまいます。そうなると職場の人達のストレスもたまってきてしまい、そうさせてしまっているのは自分の責任であると責任を感じてしまうママは職場を変えなければならなくなってしまう事もあります。そうならないようにする為に多くの職場で考え方を変えてきているのも事実です。これからもその姿勢は進んでいくでしょう。産後のママはただでさえ不安を持って社会復帰してきますので、そんな不安を取り除いてあげる環境作りをしておく事も必要なのです。男女共に敬いながら切磋琢磨して一緒に社会を盛り上げていこうという姿勢が大事な時代になってくるでしょう。

家事や育児を両立させながらの主婦のパートは、家族のスケジュールに合わせた働き方が出来る仕事を見つける事が大切です。