歯科衛生士の仕事内容は?


歯医者さんで虫歯の治療を受けたり、定期検診を受けた時、歯石の除去や歯のクリーニング、プラークコントロール指導などを行ってくれるのが歯科衛生士です。歯科衛生士の仕事は歯や歯肉の状態の点検、医療機器を使って歯石を取り除く、虫歯予防のために薬を塗布するなどの予防処置が主な仕事となります。幼稚園や小学校などでは子供達に歯磨きの仕方を指導する事もありますし、最近は老人ホームに出掛けてお年寄りの歯の予防処置を行う事も多くなっていると言われており、歯科衛生士は歯医者さんの中だけではなく、教育現場や老人ホームなどで活躍する職業と言えましょう。ちなみに、虫歯の治療を行うのは歯科医の資格を有する人が行いますが、歯科医のサポートをするのも歯科衛生士の仕事です。歯科衛生士は患者さんの口の中を触る事が出来るのが特徴です。

歯科衛生士と歯科助手は違いがあります

歯医者さんに行くと歯科医の他に女性スタッフが数名在籍している事が多いかと思われますが、女性スタッフは歯科衛生士と歯科助手もしくは歯科アシスタントの2つに分ける事が出来ます。歯科助手は歯医者さんのサポートをする、事務処理を行う仕事をするのが特徴です。医療事務の資格を持っていれば歯科助手としての仕事を行う事は可能です。しかし、歯科衛生士は患者さんの口内を触る事を許可されており、歯科助手には出来ない分野です。簡単に言えば、歯科助手は医療事務の認定資格を持っていれば出来る、歯科衛生士は国家資格を持っていないと現場での仕事が出来ないなどの違いを持ちます。

歯科衛生士の募集は求人サイトなどを利用して見つけられます。中には医師などを専門とした求人サイトがあります。