後悔なく外資系の会社を選ぶポイント


外資系の会社は、国内の会社と比べて職種や賃金体系、評価制度などに特色がみられるところが多いことから、各自の社会経験や能力などにぴったりと合う職場を探すことが重要です。特に、世界各国で事業を展開している外資系の会社で活躍をするためには、ビジネスで通用する英語を身につける必要があるため、早いうちから語学学習に力を入れることが肝心です。また、外資系の会社によって職種や仕事内容などに大きな差があるため、少しでも関心のある会社のセミナーや説明会などに積極的に参加をすることが大事です。その他、役職やスキルなどにより海外転勤の可能性もあり、将来のキャリア形成の方法について早いうちから意識を高めておきましょう。

外資系の会社のキャリア診断をしよう

外資系の会社への転職を検討するにあたり、キャリアアップのための制度が整っている会社の特徴を調べることがポイントです。例えば、新卒者だけでなく中途採用者に対してもきめ細やかな研修制度が用意されているところを職場に選ぶことにより、各自の社会経験や能力などに応じてスキルを高めることが可能です。また、各自の適性に合った外資系の会社の職種を見極めるうえで、人材紹介会社に相談をしたり、外資系の求人が多く集まっている転職支援サイトなどを活用したりすることがおすすめです。なお、将来的に役職者として外資系の会社で活躍をしたい場合には、就職活動を通じて各会社の人材活用の状況について人事担当者に質問をすることが大切です。

外資系の転職に必要なスキルは語学力です。世界の共通語である英語はもちろん、中国語もできると重宝します。