国家資格でもある歯科衛生士の受験資格について


歯医者さんの中で患者さんの口の中のクリーニングや健康状態をチェックしたり、歯磨きの仕方の指導を行う事が出来るのが歯科衛生士です。歯科医の補助を行う事も出来るなど、歯医者さんの中では重要な役割を持っています。歯科衛生士の仕事に就くためには国家試験を受験して合格する必要がありますが、国家試験を受けるための受験資格を満たしている事も大切です。受験資格は文部科学大臣指定の歯科衛生士学校を卒業した者、都道府県知事が指定した歯科衛生士養成所を卒業した者のいずれかで、試験日までに卒業する見込みの場合も含まれます。試験は毎年3月の上旬の日曜日に行われ、当月の下旬に合格発表のスケジュールで行われます。ちなみに、平成19年度の合格率は96.0%、難易度は国家試験の中では低めと言えましょう。

歯科衛生士の資格は医療行為が可能になるもの

歯医者さんの中で働いている女性スタッフには歯科衛生士の資格を有する人と医療事務の資格を持つ人が混在しています。医療事務は治療費の支払いや会計処理を行う上で必要不可欠な認定資格です。歯科衛生士の資格を有していない場合には、患者さんの口の中を治療目的で触る事は許されていません。歯科医の助手として、治療のサポートを行う事は出来ても、機械を使って歯石を取り除いたり、自分の判断で医薬品を塗布するなどは医療行為に値するため禁じられています。これに対して歯科衛生士は、歯科診療補助を初め、予防処置や保健指導などの医療行為を可能にする資格であり、歯医者さんの中では歯科医と同じく医療に携わる事が出来ます。

歯科衛生士の転職ではブランクがあっても研修や教育制度が充実しているので、安心して転職することができます。